新聞記事

新聞記事
タイ職業会計人連盟(FAP:The Federation of Accounting Profession)からの有形固定資産と投資不動産の会計方針についての発表

タイ職業会計人連盟(FAP:The Federation of Accounting Profession)か...

タイ職業会計人連盟(FAP:The Federation of Accounting Profession)から非公開会社向け財務報告基準の有形固定資産と投資不動産に関する会計方針の追加について発表があった。 この変更は、2020年1月1日以降に開始する会計期間から適用される。(官報に公表された後...

Read More
<勅令第712号:従業員への教育及び訓練関連支出費用の150%の法人税免除>

<勅令第712号:従業員への教育及び訓練関連支出費用の150%の法人税免除>

<勅令第712号:従業員への教育及び訓練関連支出費用の150%の法人税免除> 2019年1月1日~12月31日(遡及適用される)までに、歳入局長の認可を受けた教育及び訓練に従業員を参加させるために支出した費用の150%が法人税免除となる。但し、法人税免税事業(もし、あれば)とは関係のない支出であるこ...

Read More
<勅令第711号:STEM分野(科学・技術・工学・数学)の従業員の人件費の50%法人税免除>

<勅令第711号:STEM分野(科学・技術・工学・数学)の従業員の人件費の50%法人税免除>

<勅令第711号:STEM分野(科学・技術・工学・数学)の従業員の人件費の50%法人税免除> 2019年1月1日から2020年12月31日までに支払ったSTEM分野(科学・技術・工学・数学)の従業員の人件費の50%は、10万バーツ/月を上限として法人税免除となる。 従業員の要件 - STEM分野(...

Read More
<勅令第710号:機械及びコンピュータ購入費用の全額法人税免除>

<勅令第710号:機械及びコンピュータ購入費用の全額法人税免除>

<勅令第710号:機械及びコンピュータ購入費用の全額法人税免除> 2019年1月1日~2020年12月31日の間のオートメーション化のための機械及びコンピュータ購入費用の100%が、通常の減価償却に加えて法人税が免除となる。 - 認められたオートメーション投資プロジェクトであること - 新品 - 歳...

Read More
<勅令第708号:中小企業の2020年4月~7月までに支出した人件費200%法人税免除>

<勅令第708号:中小企業の2020年4月~7月までに支出した人件費200%法人税免除>

<勅令第708号:中小企業の2020年4月~7月までに支出した人件費200%法人税免除> 中小企業(2019年9月30日までに終了する会計期間において、収入う5億バーツ以下、従業員数200名以内)において、2020年4月から2020年7月までの社会保障法の被保険者であり、かつ、15,000バーツ/月...

Read More
 <勅令第707号:中小企業の2020年4月~12月までの支払利息50%法人税免除>

<勅令第707号:中小企業の2020年4月~12月までの支払利息50%法人税免除>

<勅令第707号:中小企業の2020年4月~12月までの支払利息50%法人税免除> 中小企業(2019年9月30日までに終了する会計期間において、収入う5億バーツ以下、従業員数200名以内)において、2020年4月1日から2020年12月31日までに発生したコロナウイルスの影響を受ける経営者の補助の...

Read More